松江塩干魚のおいしい話題

3つのポイントで失敗なし!ほっくりかぼちゃ煮

もうすぐハロウィンですね。
ハロウィンといえば、かぼちゃ。

 

かぼちゃ好きな女性は多いと思うのですが、
男性陣はそれほど、、、だったりします。

うちの男性陣もご多聞にもれず、うーん、、、です。(笑)

なぜあんまり好きではないのか理由を尋ねますと、
「嫌いじゃないが、スイーツに思えて、おかずと思えない!」のだそうです。
んまあ、わからないこともないのですが…σ(^_^;)

 

かぼちゃを1個丸ごと買った時に限って、

ビチャビチャの大ハズレだったりすると、

もう大変。

お手上げです。ƪ(˘へ˘)ʃ笑

 

 

農家の方に「美味しいかぼちゃの見分け方」を聞くと、

 

カットされたものを選ぶときは、

種がびっしりで、黄色よりオレンジ色のものを選ぶとよいそうです。
丸ごと1個買う場合は、

皮がツヤツヤで硬く、

持ってみて重く、

へたがコルクみたいなものを選ぶとよいのだそうです。

 

メモメモ_φ(・_・

 

さて、美味しいかぼちゃを選べるようになったとして、

 

私はやっぱり、かぼちゃの煮物が食べたいですっ!!(*´∇`*)

 

でも、かぼちゃの煮物って、

つい煮汁が多くなってしまったり、

原型とどめていないほど煮崩れてしまったり、

簡単なようで意外と難しくないですか?

 

 

そんな私が、研究に研究を重ね(?)、

ついにっ!!

 

かぼちゃの煮物が、色よく、ほっくりと安定してできるようになったので、

ご紹介したいと思います!

 

 

失敗なし!我が家のかぼちゃの煮物

作りやすい分量(1/4カット)

かぼちゃ …1/4カット

砂糖 …大さじ1 (甜菜糖使いました)
塩 …小さじ1/4
水 …大さじ3

煮干 …ひとつまみぐらい

 

①かぼちゃの種を取って、手頃な大きさにカットする。

 

②かぼちゃに甜菜糖 大さじ1をまぶし、6時間ぐらい置いておく。

 

③かぼちゃから出た水分を捨てず、

水と塩を入れ、蓋をして弱火で15分ぐらい蒸し煮にする。

 

今回は小さめのいりこを、③の塩と水入れて10分ほどしてから入れてみました。

 

ほっくりと仕上げるには、ほんの少しの水分で煮るのがポイントです!!

 

こうすると、かぼちゃが驚くほど甘くなります。

 

途中で、もし水分が足りなくなったとしても、すぐに水を足さないでください!

 

そんな時は、まず火を止め、蓋をしたまま数分おきます。

 

すると、その間かぼちゃが蒸されますし、

蓋についていた水分が水滴に戻るので、

意外と焦げずにその水分で蒸し煮する事ができます。
砂糖を入れないで、塩だけでかぼちゃを塩煮してもすっごく美味しいですよ!

 

このかぼちゃの塩煮は、サラダやポタージュにアレンジ展開しやすいです。

 

③で、塩の代わりに醤油大さじ1を入れて、蒸し煮すると、

 

いわゆる定番のかぼちゃの煮物の味付けになります。

 

ご年配の方からは、こちらのお醤油を入れたかぼちゃ煮の方が、支持率は高いです!

 

失敗なしのかぼちゃ煮のポイントは3つ!

☆美味しいかぼちゃを選び、

☆砂糖をまぶして放置し、

☆塩分加え、少量の水で蒸し煮!

 

かぼちゃが美味しい季節です。

ぜひお試しください!

 

«

»


過去の記事


PAGE TOP